2020年の目標:坐骨神経痛の改善実験イヤーにする!

どうも、坐骨神経痛歴5年の小和田(30代女)です。

1月も後半になりましたが、2020年の目標を立ててみました。

…といっても、もう「目標」という概念は必要ない的なことも巷で見かけるので、「2020年で実験してみよう」というスタンスで行きたいなと思っています。

というのも、「思考にばっかり時間を割きすぎ」になって、「行動が伴わない」のでは、もう実質何も進めてなくね?って感じなのです。

考えてばっかりでも正解かどうかはやってみないとわからないので、やってみながら検証しつつ、考えて修正してみる年にして行こうと思っています!

2020年の目標:坐骨神経痛改善のために実行する

今年は考えるだけじゃなくて、実行する。実験する。データを取る。自分の身体を使ってはじき出した事実を積み重ねていく年にします。

何が坐骨神経痛の改善につながるのか?繋がらないのは何なのか?頭で考えるのは、カンタンです。

でも、身体で試してみるとなると、毎日コツコツ地味にストレッチやらトレーニングやらやっていかなければいけないので、難しい。

ただし、身体で試してみると体の改善は体感できる(というか、むしろ体現してる)ので、一生ものなのです。

今年は、私の身体に一生ものをどんどん増やしていく年にします。

2019年までの坐骨神経痛改善の実験結果

私は一昨年までに、今まで「もしかして原因はコレか…?」ってのを地味に取り除いていきました。

取り除けたものたちは

  • 反り腰(骨盤前傾)
  • 反り膝・膝痛
  • 猫背
  • 喫煙

です。
治すために使った本・知識・理論は

  • 寝るだけ整体
  • さとう式リンパケア
  • 禁煙セラピー

でした。他にも使ってますが、結果に直結してるのはほぼこの3つ。
結果は

【これらが治っても坐骨神経痛にはなる】
【ただし、痛みの強さは和らぐ】

というものでした。

2020年の坐骨神経痛改善の実験は2本柱!

2019年は、ストレッチやトレーニングや寝方など、身体の外側からのアプローチがメインでした。

2020年は、身体の内側からのアプローチを取り入れます!体質改善ってヤツですね。

私はストレッチとかトレーニングとかを「やってみよう!」と張り切る
→坐骨神経痛が出る
という流れを何度も繰り返していたので、回復しやすい身体を作る必要がある。

私には「ストレッチで体を痛めてしまう」という身体の改善が必要なのです。

内側を整えて痛めにくい身体、回復しやすい身体を作ることで、体の変化速度を早めていこうと目論んでいます。

坐骨神経痛改善実験①口にする物で体質改善

今考えている体質改善は、

  • 藤川理論(プロテイン+鉄剤+メガビタミン)
  • 毎日水2リットル

この二つ。

【人間の身体に必要な栄養素を確保】
【疲れが溜まらず外に流れていく身体にする】
が目的です。

水2リットルって、なかなかしんどいです。今のところ、がんばって1.4リットルなので、もう少し水分を取る工夫を考えつつ、身体が慣れるのを待ってみます。

坐骨神経痛改善実験②筋肉のバランスを整える

今年は

  • O脚矯正
  • 柔軟性UP

これを狙っています。

特に柔軟性は、体質改善でも掲げている【疲れが溜まらず外に流れていく身体にする】に必須条件!

ここで使いたい理論は【さとう式リンパケア】です。

※「さとう式リンパケアならリンパケアサークルゆるふわ」より出典

この先、他にも候補が出てくるかもしれませんが、今は基本の「立ち方」「座り方」から見直していきます。

坐骨神経痛改善実験③アイテムを使用

座り方や立ち方、エクササイズなどをサポートしてくれるお手軽アイテムを取り入れていきます。

今までも色々アイテムは使ってみましたが、全然続けられなかったものや、効果がないものもあったのですが、そういうのもリストにしていきます。

去年までで使ってみたアイテムは、

座椅子、美姿勢チェア、美姿勢クッション、健康サンダル、マットレス、絹のシーツ…

いかにも!!なものから、うさんくさ!!!なものまでありますが、自分が続けやすいものが見つかれば試していきたいなと思っています。

今年早速試しているのは、かかとの部分が無い厚底スリッパです。(使っていると、自然とつま先立ちになってエクササイズになる!みたいなやつ)

普段の動作を変えるのではなく、身に付けるものを変えることで普段使っていない筋肉を起こす!というのも、面白い作戦かな、と思っています。

2020年で坐骨神経痛がどれくらい改善するのか実験する!

冬になると神経痛は増悪するので、2020年1月の今が、ちょうど坐骨神経痛のピークです。笑

月の半分くらいは違和感やピリピリする地味な坐骨神経痛があり、

月に一度は電撃が走るような痛みで足を引きずりながらペンギン歩きになるレベルの坐骨神経痛があり、

月に1回あるかないかくらいで仕事に行けないレベルの坐骨神経痛があります。

色んな実験をこの時期から始めて、ちょうと一年後にはどれぐらいの頻度に落ち着くのか?それとも、年齢が上がることによってペースがあがるのか?

今年一年は、積極的に坐骨神経痛の改善と経過を見ていきたいと思います!

コメント